トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

河内晩柑を使用した清涼飲料水を新発売・・・・サントリー食品インターナショナル

 国内外で食品事業を手掛けるサントリー食品インターナショナル梶i東京都中央区京橋3丁目、小郷三朗社長)は9月19日から、九州7県で熊本県特産のかんきつ類「河内晩柑」を使用した清涼飲料水を新発売した。
 商品名は「熊本の晩柑&阿蘇の天然水」。製造はサントリー九州熊本工場(嘉島町北甘木、橋本猛工場長)が担う。販売は九州7県限定。新商品は熊本名産の「河内晩柑(かわちばんかん)」と「阿蘇の天然水」に、蜂蜜をブレンドし、コクがありスッキリした飲み口が特徴だという。ペットボトル入りで、希望小売価格(税別)は540ml入りが124円、280ml入りが115円。
 同社では「熊本工場も全面再開となったのを機に、阿蘇、九州に住む人たちを元気づける意味合いでプロジェクトを結成し、商品提供となった。熊本の素材にこだわったフレーバーウォーター(風味を少し付けた飲料)をぜひ味わっていただきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年11月30日発行 No.438

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから