トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

次期会長に清水谷洋樹弁護士を選出・・・・熊本県弁護士会

 熊本県弁護士会(熊本市中央区京町1丁目、猿渡健司会長)は2月8日、次期会長に清水谷洋樹弁護士を選出した。
 同日開いた会長選挙で選出したもの。任期は4月1日から1年間。
 清水谷洋樹(しみずたに・ひろき)弁護士は熊本市出身。1977(昭和52)年4月5日生まれ、41歳。熊本高校‐東京大学法学部卒業。大学在学中に旧司法試験合格。2002年に東京で弁護士登録後、三井安田法律事務所にて、金融法務に従事。03年、熊本県弁護士会に登録換えし、熊本での執務を開始。09年、清水谷法律会計事務所を設立。同会委員長・副会長、九州弁護士会連合会理事などを歴任。税理士登録もしており、南九州税理士会所属。
 清水谷弁護士は「弁護士は裁判というイメージを持たれがちだが、紛争になる前から相談できる身近な法律の専門家として、弁護士の役割を社会にアピールしていく。法律相談会では自治体との連携をさらに深め、受け入れ態勢を整えていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年3月1日発行 No.453

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから