トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

スプリンクラーの設置、提案事業を開始・・・・サンテクノ

 空調・LED照明・床暖房などの販売、設計、施工、提案、設備工事を行う潟Tンテクノ(熊本市東区下南部、福田善之社長)は、スプリンクラーの設置、提案事業を開始した。
 消化設備は2018年4月の消防法改正により、入院設備のある診療所などは設置が義務化。厚生労働省は設備導入に対して補助金の受付を行っており、同社で補助金申請のコンサルから工事までを行う。同社が取り扱っているスプリンクラーはパッケージ型自動消火設備「スプリネックス」。水よりも効果のある薬剤による消火設備で、省スペースでの設置が可能という。
 同社は「火災から命を守る消化設備は特に医療・福祉・介護施設にとって必須。設置が義務化されたが、まだ設置していない施設が多くある。現在補助金も活用できるので、ぜひご相談いただきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年3月1日発行 No.453

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから