トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

市職員と教職員の働き方改革推進目指し連携・・・・日本MSと熊本市

 日本マイクロソフト梶i東京都港区、平野拓也社長)と熊本市は4月3日、同市の職員と教職員の働き方改革推進を目指し、連携協定を結んだ。
 「クラウドソリューションを活用した働き方改革基盤構築プロジェクト」と銘打ち実施するもので、熊本市はマイクロソフト社のクラウドサービス、セキュリティソリューション、OSなどを盛り込んだ「Microsoft365」を導入する。連携内容は市職員の働き方改革として@Microsoft365をフル活用した、市民サービスの提供AAIを含む最新技術の活用を前提とした、職員の働き方改革を検証・実現BビッグデータやAI活用による、労働状況の可視化と改善C災害に備え、官民連携を含め強化基盤を構築。教職員の働き方改革としては全136校の市立小中学校の教職員に対し、 Windows10搭載デバイスを整備し、クラウドシステムの活用などで校務の効率化と時間外労働の縮減を図る。
 同社は熊本地震以降、熊本市へのクラウドサービスやデバイスの提供、復興のためのノウハウの紹介など、支援を継続的に行っている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年5月30日発行 No.444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから