トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

独シーメンス社製X線血管撮影装置を導入・・・・済生会熊本病院

 済生会熊本病院(熊本市南区近見5丁目、中尾浩一院長)は4月5日、ドイツ・シーメンス社製の新型X線血管撮影装置「ARTIS pheno(アーティス・フィノ)」を西日本で初めて導入した。導入費は未公表。
 手術台と心・血管X線撮影装置を組み合わせた「ハイブリッド手術室」の院内2室目となる開設に合わせ、C型アームスタンドの各関節部に回転駆動機構を採用し、高画質、低被ばくで治療に迅速に対応できるシーメンス社製多軸方式のX線血管撮影装置を導入した。
 同システムは@ケーブルレスの床置き型で天井に走行レールがないため、埃などがたまらず清潔な術野を実現できるAC型のアームがロボットのように動くため、患者を動かすことなくCT撮影が可能になり、可動域も広く今後、心血管領域以外のハイブリッド手術にも対応が可能になるという。同システムは昨年2月、慈恵医大付属病院(東京)が日本で初めて導入している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年5月30日発行 No.444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから