トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

合志産甘草使用のクラフトビールを開発・・・・合志農業活力基金

 (一社)合志農業活力基金(磯野謙代表理事=自然電力ファーム且ミ長)は合志産の甘草を使用したクラフトビールを開発し、今秋販売を開始する。
 同法人は自然電力ファーム鰍ニ熊本製粉梶A合志市の3者で設立。3者が共同出資し、2013年から同市上庄地内で稼働している「合志農業活力プロジェクト太陽光発電所」の売電収入の一部を、合志市の農業活性化のために還元しており、同商品の開発はその活動の一環。同ビールは、潟_イヤモンドブルーイングが製造する。商品名は「ハロークマモトビール」。330㎖入りでアルコール分は6%。九州や関東地域を中心に販売する。
 同法人は「ビールのほかに、油を使用しない野菜チップスの開発も進めており、同時期の販売を予定している。今回の発表を足掛かりに、合志市農産物を用いた加工品開発を進めていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年5月30日発行 No.444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから