トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

震災で被災した西原村の食品工場を建て替え・・・・お菓子の香梅

 鰍ィ菓子の香梅(熊本市中央区白山1丁目、副島健史社長)は、熊本地震で被災した西原村小森の食品製造工場を建て替える。計画では11月末に完成、来年2月から6月にかけ、順次生産を移管する。総事業費は40億円を超える見込み。
 同工場は熊本地震で被災、すべての貯水槽が崩壊するなど、甚大な被害に見舞われ、販売店舗の多くが一時閉店を余儀なくされた。その後、工場を一部復旧し生産してきたが、完全復旧が困難と判断したため新築する。場所は同地の敷地2万8千u内にある既存工場西側。新工場は鉄骨造り4階建て、建築面積2940u、延べ床面積6336u。1、2階が充填室、梱包室、倉庫など。3階は陣太鼓製餡室、冷蔵・冷凍室など。4階は会議室など。完成後は主力の「誉の陣太鼓」や「武者がえし」といった菓子の生産能力を震災前の規模に戻す。
 2月20日、同地で起工式を開き、副島社長は「震災からの復旧というだけでなく、新工場ではさらなる品質向上に努め、これまでお世話になった方々への恩返しにしたい」と語った。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年4月27日発行 No.443

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから