トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

熊本ワインファームに5億円を融資・・・・日本政策金融公庫熊本支店

 日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業(熊本市中央区安政町、倉田光生支店長)は2月1日、農業経営基盤強化資金(通称スーパーL資金)の適用によってブドウ生産・ワイン醸造の熊本ワインファーム梶i同市北区和泉町、幸山賢一社長)に対し5億円を融資した。
 熊本ワインファームは山鹿市、熊本ワイン梶i同社長)、菊鹿町葡萄生産振興会の3者が山鹿市菊鹿町で進める菊鹿ワイナリー構想において、熊本ワインが地元のブドウ農家と設立した農業生産法人で、今秋開業予定の菊鹿ワイナリーの開設資金として今回の融資を活用する。同ワイナリーはブドウの生産地、ワインの醸造拠点として、また山鹿産農産物のブランド強化による農林業者の所得向上や、観光拠点化による交流人口の増加を図ることで観光事業者の所得向上を目指し、地方創生のビジネスモデルとして推進している。
 今回の融資において、日本公庫は肥後銀行が窓口となり融資を実行。同資金は認定農業者の農業経営の改善に対する事業に幅広く利用できる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年3月30日発行 No.442

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから