トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

もずく商品が大日本水産会会長賞と主婦大賞・・・・カネリョウ海藻

 海藻加工販売のカネリョウ海藻梶i宇土市笹原町、木良樹社長)は11月2日、東京都で開かれた「第28回全国水産加工品総合品質審査会」で、同社の「つなぐわかめ」が大日本水産会会長賞と主婦大賞をW受賞した。
 同審査会は、水産加工業者の水産・技術・販売における意欲向上に寄与することを目的とし、全国水産加工業協同組合連合会(東京都)が毎年開いている。最高賞の農林水産大臣賞をはじめ各賞があり、主婦大賞は小学生ほどの子どもを持つ主婦が審査委員を務め、評価する。今回は応募総数1011品の中、大日本水産会会長賞には10品、主婦大賞には5品選定された。
 「つなぐわかめ」は今年6月に発売。3年前に漁師の高齢化や後継者不足などの問題解消や地元天草の海の地域活性化を目的に同社社員が始めたプロジェクトにおける商品として開発。天草地域でその日のうちに湯通しし、塩蔵したわかめを使用している。価格は200グラム入りで1080円。同社は2013年の同審査会において「三陸宮城県産めかぶ」が農林水産大臣賞、14年に「美ら海もずく」が主婦大賞を受賞している。
 カネリョウ海藻は1993(平成5)年設立で資本金は3千万円。仙台工場のほか、東京および大阪に営業所を持つ。関連会社に屑木商店、潟gリトンフーズがあり、2017年4月期の売上高はカネリョウグループ全体で約186億円。グループ従業員は330人。

「海藻グラノーラ」が料理王国1 0 0 選に シェフやバイヤーなどが審査

 また、同社で販売する「海藻グラノーラ」がこのほど、食の専門雑誌「料理王国」(発行・鰍bUISINE KINGDOM=東京都)における「プロの目と舌で選んだ逸品料理王国100選2018」に選ばれた。同社が同認定を受けるのは16年の「究極の昆布茶」、17年「究極の梅こぶ茶」と「オーガニックパームシュガー」に続き3年連続。
 「料理王国100選」は一流シェフや百貨店バイヤーなど20人の食のプロによる審査で、同誌で取材した食材やメーカーからの公募品から商品を前期、後期に分けて100商品を毎年認定しており、今年で8回目。「海藻グラノーラ」は加工食品部門で選ばれた。同商品は2017年6月に発売。国産海藻4種類、九州産大麦を配合しており、人工甘味料・保存料・香料は不使用なほか、国産の黒糖・甜菜糖で味付けをしている。価格は280gで1080円。同社の通販サイト「OKAGESAMA」をはじめ、鶴屋百貨店や県産品のアンテナショップ・ヒノマルマルシェ(熊本市中央区安政町)で販売している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年1月30日発行 No.440

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから