トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

小峯4丁目に熊本支店を新築移転・・・・大分市の佐伯建設

 総合建設業の轄イ伯建設(大分市、川崎栄一社長)は12月、熊本市中央区渡鹿4丁目の熊本支店(安部裕三支店長)を同市東区小峯4丁目に新築移転した。総工費は3億円。
 同支店は熊本地震で熊本市中央区水前寺2丁目にあった支店の建物が被災。建築後約50年経過し老朽化していたこともあり、2016年4月末、現在地に仮事務所を設置し、営業しながら移転への準備を進めていた。新支店の場所は県道小池竜田線沿い、東稜高校北側の自社所有地。2千uの敷地に鉄筋コンクリート造り4階建て、延べ床面積1500uの建物を建設し、1階に事務所、2〜3階に社宅10部屋、4階に2LDK5部屋の賃貸住宅を設ける複合ビルになる。同社は1917(大正6)年創業。出先は福岡支社、北九州支店、熊本支店、鹿児島支店など。2017年3月期の年商は140億円。熊本支店は1948(昭和23)年に熊本出張所として開設。現在社員数は25人で年商20億円。
 昨年10月1日付で熊本支店長に就任した安部氏は「熊本への拠点開設70年の歴史を生かし、今後も地域に密着した営業を展開していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年1月30日発行 No.440

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから