トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

熊本工場の自動車部品表面処理設備を増設・・・・青山製作所

 自動車部品製造の叶ツ山製作所(愛知県大口町、青山幸義社長)は熊本工場(高森町高森)に自動車用部品の表面処理設備などを増設する。2017年12月に着工し、19年1月に操業開始の予定。投資金額は4億円。
 同工場では自動車用のボルトやナットなど「ファスナー」と呼ばれる部品をトヨタ自動車などのメーカー向けに製造しており、今回の増設では製造における最終工程の表面処理設備を増やす。1日の総生産量は23・5tから27tに増加するという。同社の売上高は現在35億円(16年12月期)だが、増設による生産能力の向上で、19年12月には40億円に届く見込み。また雇用も地元を中心に、現在の133人から10人増やす。
 青山社長は「熊本地震で被災した際、全国の各工場で同じ部品を製造できる体制づくりが必要だと実感した。今回の増設で、高森町の発展のために役立つことができればうれしい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2018年1月30日発行 No.440

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから