トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

阿蘇市の一の宮タクシーを買収・・・・肥後交通グループ

 肥後交通グループ(熊本市中央区世安町、野々口弘基代表)は、10月24日付で笈黷フ宮タクシー( 阿蘇市一の宮町、岩下雄二社長)を買収した。一の宮タクシーの社名や屋号は変更せずに営業を継続する。
 後継者問題のほか、熊本地震による需要の落ち込みなどを背景に、5月下旬から一の宮タクシーが支援を要請していた。阿蘇市のホテルで株式譲渡の調印式を開き、同日付で一の宮タクシーの全株式を取得、タクシー6台を譲り受けた。従業員6人は継続雇用。軽貨物運送事業も引き継ぐ。社長はグループ企業・人吉タクシー梶i人吉市九日町)の伊藤敏郎社長が兼務し、野々口代表は会長に就任。接客スキルの向上や営業力の強化などを通し販路の拡充を図っていく方針。
 肥後交通グループは、1959(昭和34)年に創業した肥後タクシー求i熊本市中央区世安町)を中核とし、且O和タクシー、安全タクシー梶A且Y交ポニータクシー、人吉タクシー鰍ェタクシー事業を展開している。一の宮タクシーを加えたグループ保有台数はタクシー201台、バス11台で県内最多。従業員は約360人。一の宮タクシーは65年に創業し、営業エリアは一の宮町や内牧などを中心に阿蘇郡市一円。8月1日に創業者の岩下誠二前社長が急逝し、おいの岩下雄二氏(前監査役)が後任の社長を務めていた。
 野々口代表は「当グループにおいて、県北エリアでは初めての営業拠点開設。阿蘇は熊本地震からの復興が遅れており、観光面でも大きな打撃を受けている。地域の足、そして観光の足を確保するとともに、阿蘇地域、ひいては熊本全域の観光・経済の浮揚に寄与したい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年12月28日発行 No.439

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから