トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

玉名市の大型物流倉庫を増築・・・・岱明運輸

 一般貨物自動車運送業の岱明運輸梶i玉名市岱明町古閑、福田洋社長)は、同市下の大型物流倉庫「岱明運輸 新玉名倉庫」を増築している。2018年3月に完成し、4月1日から稼働する。総事業費は3億円。
 同倉庫は同社の倉庫事業への本格参入に際し、県北最大級の物流倉庫として、2017年2月に開設。約2万4千uの敷地に鉄骨造り平屋建て、建築面積約4千uの倉庫を設け、全5区画で商品の入出庫や在庫管理を請け負っていたが、受注増に対応し、隣接地に第2倉庫の増築を決めた。増築部分は鉄骨造り平屋建てで、建築面積3300u。1区画あたり825u(250坪)のスペースを4区画新設し、倉庫内は品質管理を徹底、セキュリティ面も強化する。増築に合わせ、社員を5人程度増員し倉庫全体で10人体制にするほか、広大な土地を活用し、敷地内に災害をはじめとした緊急時における防災設備を設けるなど、緊急避難所としての機能も付加する。また将来的には敷地内にある緑地をイベントスペースとして地域に開放する計画だという。
 福田社長は玉名市岱明町出身の41歳。東海大学付属第二高校−九州東海大学卒。2006年岱明運輸に入社し、常務を経て12年社長。2015年(一社)玉名青年会議所理事長。2017年5月から(公社)熊本県トラック協会青年部会長。
 福田社長は「九州の中心部に位置し高速道路やバイパスに近い新玉名倉庫を、県北の物流拠点としてだけでなく、緊急避難所でも活用するなど地域社会に貢献できる施設としても運営していく方針。今後も弊社の事業を通じて、雇用の創出や次世代の運輸業界を担う若い人材の育成につなげていきたい」と話している。
 同社は1962年創業、社員数は40人。2017年3月期の売上高は3億円で今期は4億円を見込む。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年12月28日発行 No.439

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから