トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「緩やかに回復している」と景気判断を据え置き・・・・九州財務局経済情勢報告

 九州財務局(熊本市西区春日2丁目)は8月1日、熊本県内における7月までの3カ月間の経済情勢報告を発表し、熊本地震の影響がなお残るものの「緩やかに回復している」と、総括判断を据え置いた。 
 項目別にみると個人消費は、百貨店・スーパー販売額と乗用車の新車販売が復旧需要など背景に、前回判断と同様に回復基調。生産活動も国内外向けにスマートフォン、車載用部品が好調で、生産用機械も海外向けを中心に受注が好調に推移しているなど回復の動きが続くという。また、設備投資は29年度が増加の見通し。一方企業収益は29年度が減少の見通しだった。雇用情勢は有効求人倍率が高水準で推移し、人手不足感が高まっている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年9月29日発行 No.436

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから