トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

エアポートホテル熊本の建て替えに着手・・・・サンワハイテック

 生産用機械器具製造業の潟Tンワハイテック(菊池市泗水町吉富、山下和貴社長)は7月、大津町室のビジネスホテル・エアポートホテル熊本の建て替え工事に着手した。完成は2017年12月、プレオープンは18年1月末、グランドオープンは同年3月をそれぞれ予定している。
 熊本地震で建物内部が被害を受けたため建て替えるもので、敷地面積は約5千u。建物は鉄骨造り5階建てで、建築面積は約870u、延べ床面積は約4350u。1階はフロントと、75人収容のレストラン、130人収容の宴会場があり、地域のニーズが高かったため2階にも130人収容の大会議室を設置する。2〜5階は宿泊施設で、シングル37室、ツイン68室。従来、対応していたウエディング需要に対してはレストランウエディングで対応するほか、レストランでは敷地内の農園で収穫した野菜を提供する。スタッフ数は20人。
 山下社長は「昨年の熊本地震で建物内部に致命的な損傷を受け、一時は廃業もやむ無しと思ったが、従業員の雇用の確保や地元企業や住民の方々から多くの要望をいただいたことから再出発を決意した。熊本・阿蘇の自然や恵みを感じられる空間と自社農園で作った有機野菜や熊本が誇る食材を楽しめる食事を提供し、ビジネスホテルでありながら、リゾートホテルのようなくつろぎと癒しを感じていただける新しいホテルを目指す」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年9月29日発行 No.436

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから