トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

経常収益34億2300万円で減収減益・・・・熊本中央信金

 熊本中央信用金庫(熊本市中央区大江本町、沼田雄一理事長)の2017年3月期決算は経常収益が前年同期比5・5%減の34億2300万円、経常利益は同13・6%減の3億900万円、純利益は同13・3%減の2億2600万円の減収減益だった。減収は3年連続で、減益は2年連続。
 本業のもうけを示すコア業務純益は同8・4%減の4億4千万円。貸出金は増加したが、マイナス金利や金融機関の競争激化による貸出金利回りの低下、熊本地震に伴う復旧支援の低利融資の増加で、貸出金利息が減少した。また有価証券利息配当金も減少し、資金運用収益が減少した。
 金融再生法開示債権残高は不良債権処理を進めた結果、同3・9%減の54億7300万円。預金の期中平均残高は個人の要求性預金や法人預金が増加し、同3・7%増の1771億1200万円。貸出金の期中平均残高は地方公共団体向け、個人、一般法人向け貸し出しが増加し、同4・1%増の908億7500万円だった。18年3月期は経常収益、純利益ともに前年並みを見込む。

_くまもと経済 業界NAVI_:2017年8月30日発行 No.435

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから