トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

VRシステム導入し、新たな住宅見学サービスを開始・・・・エスケーホーム

 注文住宅設計、施工の潟Gスケーホーム(山鹿市、瀬口力社長)は7月、VR(バーチャルリアリティ)システムを導入し、同社が提案する戸建て住宅プランをVRで体験できる新たな住宅見学サービスを開始した。
 顧客がヘッドマウントディスプレイ(頭部装着ディスプレイ)を装着することで、実際の目線でバーチャル空間を歩き回ることができ、居住空間を疑似体験できるサービス。住宅内の奥行や吹き抜けの高さなど、実際に完成しなければイメージしづらかった注文住宅の課題を解決し、顧客満足度の向上を目指す。同サービスにより、具体的な住空間をイメージすることが可能になるほか、契約前に空間サイズやキッチンの高さ、色や素材の組み合わせなどを体験することでより安心して契約に進むことができるという。今後は、各営業所に同サービスを導入するほか、熊本県内、佐賀県内のショッピングモールや大規模商業施設で「VR住宅見学会」と称したイベントを開催する予定。8月26日、27日には熊本市南区野田3丁目のモデルハウスでVRイベントを開催する。
 瀬口社長は「VRの導入で、お客様は完成する住宅の具体的なイメージを描くことができ、イメージと完成後の食い違いを減らすことができる。VRを駆使した戦略で、注文住宅の家づくりを根本から変え、“お客様の思いを実現する”という創業理念の実現に向けて取り組んでいきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年8月30日発行 No.435

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから