トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

最新技術を駆使した歌舞伎の映像作品を上映・・・・NTTなど

 NTT(東京都)、NTT西日本(大阪市)、熊本県、松竹梶i東京都)は3月11日と12日、熊本県庁でNTTの最新技術を駆使した映像作品「歌舞伎シアターバーチャル座」を上映した。
 熊本地震の復興祈願企画。同作品は昨年5月にラスベガスで上映した「KABUKI LION 獅子王」の舞台映像を基に、NTTが開発を進めているイマーシブテレプレゼンス技術「kirari!」を使用。平面映像を錯覚で立体映像に見せる技術で、演者がその場にいるかのような臨場感のある映像を作ることができる。12日のトークイベントでは主演の市川染五郎氏が出演する予定。2日間で7回上映し、計2100人を無料招待する予定で、申し込みは特設ホームページか郵送で受け付ける。
 1月18日に県庁で開いた記者会見で蒲島郁夫熊本県知事は「めざましく進化するICT技術を体感でき、熊本の創造的復興を後押しする大変意義のあるイベント」と話し、岡崎哲也松竹常務取締役は「復興を祈願する今回のイベントに参加させていただき、大変ありがたく思っている。最新技術を駆使した歌舞伎の舞台を多くの方に楽しんでいただきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年3月1日発行 No.429

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから