トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2月末にデジタルハリウッドスタジオ熊本を移転・・・・未来創造学園グループ

 熊本電子ビジネス専門学校、熊本デザイン専門学校などを運営する学校法人未来創造学園(熊本市中央区九品寺2丁目、吉山壽一理事長)と、合同会社RPM7(同)は、2月末、同区南坪井町のウェブクリエイター養成スクールのデジタルハリウッドスタジオ熊本とWEB制作スペースなどを、同市中央区坪井2丁目のニュー広町ビル1階に移転する。
 同ビル1階の西側部分4室を賃借するもので、床面積は166u(50坪)。4室のうち南側入口の部屋をデジタルハリウッドスタジオ熊本の学習スペースに、その北側の部屋をセミナーやイベントなどが開催できる多目的スペースとし、その北側の隣室を作品などが展示できるギャラリーなどに活用する予定。また、最も北寄りの部屋はRPM7が受託しているWEB制作事業に学生が参加して制作に携わるクリエーティブルームにする予定。同スタジオ熊本が手狭になっていたことと、現在入居しているビルとの賃貸契約がこの3月で切れることから移転を決めた。
 同グループでは、2月から改装に着手、3月から新しい教室での授業を開始する予定。
 同スタジオ熊本は開設3年目。定員20人で、6カ月コースから受講でき、卒業時点では、仮想店舗のサイト立ち上げができるスキルを取得できるという。約8割はウェブ制作未経験者。
 同学園の吉山理事長は「移転によってスペースが1・5倍になり、制作スペースのセキュリティ強化を図る。また、エヌシーくまもとさんが現在、同ビル1階のテナント部分を2カ月を限度に無料で貸し出されており、若い人たちを対象とした店舗が続いて出店され、賑わいが生まれるきっかけになれば」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年1月30日発行 No.428

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから