トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「碧樹館」第14期塾生を募集・・・・九州・アジア経営塾

 特定非営利活動法人九州・アジア経営塾(通称KAIL、事務局・福岡市中央区渡辺通2丁目、橋田紘一理事長兼塾長)は、1月18日から次世代のビジネスリーダーを育成する「碧樹館プログラム」の第14期塾生の募集を開始した。応募締め切りは3月17日。
 同プログラムは、各界の最前線で活躍する講師を招き、講師と塾生、または塾生同士の徹底した討議によって得られた気付きを塾生自身が実践し、「自らの基軸」を確立していく戦略的リーダー養成が特徴。同窓会組織「碧樹会」では、卒塾後に同期生だけでなく先輩や後輩を含めた人的ネットワークの場も提供している。対象は卒塾後にリーダーとして組織を動かし、変革できる年代(概ね40歳)の企業・団体の経営ミドル、会社役員、企( 起) 業家、事業経営者を想定。約11カ月間、受講時間約230時間の業務継続型プログラムで、受講内容は集合学習と反すう学習、プロジェクト学習の3つを柱に展開する。
 第14期は今年6月上旬にスタートし、来年5月中旬に終了予定。原則、隔週土・日曜日(午前10時から午後5時)のセッションと2回程度の週末合宿(福岡近郊)、アジアへのフィールド旅行で構成する。受講料は250万円(消費税別)で、合宿やフィールド旅行への参加費・飲食費などが別途かかる。定員は36人。所属企業・団体からの推薦が必要で、原則として、1企業・団体から1人の派遣。職務経歴や志望動機書などの提出書類と面談をもとに総合的に選考し、4月中旬に合格発表する。
 藤田治武事務局長は「卒塾生も400人を超え、『人財の森』は広がり続けている。将来を担うリーダーの輩出に向けて、これからもプログラムの充実に務めていくので、九州一円から志の高い有望な人材に参加をお願いしたい」と話している。
 同法人は04年4月、九州の産学官界の連携によって設立し、リーダーシップ1月18日の説明会では概要説明のほか、卒塾生や現役塾生によるパネルディスカッションも開催(左上写真は橋田理事長兼塾長)教育などを運営。碧樹館プログラムの卒塾生は昨年5月に卒塾した第12期生までで413人に達し、すでに各企業・団体で経営の中枢に深く携わる人材を多く輩出している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年1月30日発行 No.428

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから