トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

熊本駅周辺で複数のマンション開発計画・・・・コクユー

 米卸業の潟Rクユー(熊本市西区上代1丁目、渡邊泰博社長)は、JR熊本駅周辺で複数のマンション開発を計画している。
 九州新幹線の全線開業や今後における熊本駅の再開発で、駅周辺がにぎわってくることを見据えた同社の新規事業として現在、複数のマンション用地取得を進めている。規模については「土地の広さにもよるので具体的に決まっていないが、14〜15階建てを想定している」(同社M國之専務)という。
 コクユーは大手製鋼原料商社潟iベショー(大阪市、渡邊泰博社長、売上高は約1千億円)が全額出資し、2014年3月に設立。資本金は1千万円、社員数は9人。九州管内の大手スーパーやディスカウントストア、ホテル、外食産業を主な販売先にしており、売上高は8億円。
 コクユー本社の現地責任者であるM國之(はま・くにゆき)専務は熊本市出身の72歳。熊本商科大学付属高校‐中央大学卒。JA熊本経済連企画管理部次長や関連会社潟ーユーフーズ(菊陽町)社長を務めた。
 コクユーによると、ナベショーも神奈川県横須賀市に26階建てのマンションを建設するなどの実績を有しており、「熊本でも親会社のノウハウを生かし、開発が進んでいる熊本市中心市街地の活性化に貢献していきたい」と話している。

_くまもと経済 業界NAVI_:2016年12月28日発行 No.427

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから