トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

建築物のリフレッシュ工事業を本格始動・・・・九州ビソー

 建築物内外装メンテナンスとゴンドラリース業の葛繽Bビソー(熊本市南区城南町、成松弘己社長)は、建物の長寿命化や利便性向上を目途に、建築物のリフレッシュ工事業を本格的に開始した。
 対象とする物件は、賃貸のアパートやマンション、一戸建て住宅や店舗など。同社に在籍するビルディングドクター(ロングライフビル推進協会認定建築仕上診断技術者)が、浴室やトイレ、台所などの水回りや床材などの内装のほか、外壁や屋根材など外装全般を診断し、その補修内容や工法などを提案。建物の経年劣化を抑えるために防水成分を含む塗装剤を使用するなど、物件の耐久性の維持・向上が期待できる資材で工事を行う。また、高齢化の進行を背景に、バリアフリー化の提案にも力を入れる。
 営業エリアは同市内一円とその近郊。2017年以降の受注物件もあることから、需要の増加に対応するため技術職のスタッフなどを4、5人増員し、工事部門を強化する予定。成松社長は「創業以来35年間で培ってきた各種工事の専門業者との協力関係を生かし、建物に必要な工事を見極め、適正な価格で施工する。物件価値の維持に資するリフレッシュ工事を行うことで、不動産オーナーへのメリット創出と、熊本に住んでいる方たちの住環境の向上を図るお手伝いができれば」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年12月28日発行 No.427

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから