トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

大阪市のサクラ化学工業美里町に強化プラスチック製品製造工場

 強化プラスチック製造業のサクラ化学工業梶i大阪市北区中之島、木村一豊社長)は美里町に強化プラスチック製品の成型・加工工場を建設する。着工は10月で、操業開始は来年4月の予定。投資額は8億円。9月28日、美里町と立地協定を結んだ。新設の立地協定は熊本地震後初で、美里町の立地協定は合併後初。
 場所は旧東南産業の工場跡地。敷地面積は1万8513uで、敷地内に生産工場を2棟、多目的倉庫を2棟、総合棟を1棟建設する。総建築面積は9620u。機械は鋼材フォーミング機2台、FRP引抜成型機2台、SMCプレス成型機1台、FW成型機を設置する予定。工場内ではカーボン製の強化プラスチック製品を主に製造し、風力発電用カバーやプラスチック製ビニールハウスなどに利用する。また、今後新幹線用防音壁なども製造する予定。雇用は2020年12月までに55人新規雇用し、最終的には100人程度雇い入れるという。
 木村社長は「中国ではなく国内の製造を希望しており、農業が盛んで空港に近く、立地条件が良かったため、移転を決めた。地震で被災した熊本にできる限りの支援をしていきたい」と話している。
 同社は2009年9月設立。資本金は1千万円。従業員数は32人。工場は兵庫県に3カ所、大阪府に1カ所、中国の大連に1カ所。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年11月29日発行 No.426

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから