トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

復興支援、産業振興で包括的連携協定を締結・・・・熊本市と熊本銀行、FFG

 熊本市と熊本銀行、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)は8月30日、地方創生と熊本地震からの復興に向け互いに協力し合う包括的連携協定を結んだ。熊本市は、2015年11月に肥後銀行、16年3月に熊本信用金庫、熊本第一信用金庫、熊本中央信用金庫と地方創生についての協定を結んでいたが、地震からの復興で締結するのは今回が初めて。
 連携内容は、@地場企業の振興と雇用の場の拡大➁農業、観光を中心とした熊本の魅力と可能性を広く情報発信B地域住民と連携したまちづくりへの参画C次世代の育成D熊本地震に係る震災復興Eその他、地域社会の活性化及び市民サービスの向上など。
締結式で大西熊本市長は「実効性のある連携事業を推進し、復興への取り組みを加速させたい。地方創生の出鼻をくじかれた地震だったが、原点に戻って新たにチャレンジする機運も芽生えている」と抱負を語った。熊本銀行の竹下頭取は「官民一体となってオール熊本で頑張りたい。復興のためには熊本を継続的に国内外へ発信していくことが大事。FFGの海外事務所や全国のネットワークを利用した販路拡大で後押し、具体的な成果を実現したい」とし、FFGの荒木執行役員は「全地銀、生損保、さらにはFFGの総力を挙げて熊本の物産品の販売促進に努めたい」とそれぞれ連携を強調した。
 FFGでは、全国の銀行のネットワークを活用し熊本の物産品の販売を仲介する。9月にもカタログを作成し配布するとしている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年10月28日発行 No.425

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから