トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

健軍1丁目に本社屋を新築移転・・・・エッジスタイル

 住宅メーカーの潟Gッジスタイル(熊本市東区長嶺南1丁目、武田和則社長)は、同市東区健軍1丁目に本社屋を新築移転する。計画では10月中をめどに着工、来年1月に完成する。
 現在入居しているテナントビルが手狭なことに加え、今後の業務拡大に向けた従業員スペースの確保、ショールームの設置などを目的に移転する。場所は県道熊本益城大津線沿い、尾ノ上1丁目交差点の西側。敷地面積は171u。建物は木造2階建て、延べ床面積は120u。1階にショールーム、2階は事務室を設ける。移転を機に従業員数を現在の5人から15人程度に拡大する。移転先での業務開始は来年1月の予定。土地代を含めた総事業費は約4千万円を見込んでいる。駐車場は6台収容。また、業務内容については、宅地建物取引士を新たに雇用したことで不動産業へ参入し、より顧客のライフスタイルに沿った住宅の提案に力を入れたいとしている。
 武田社長は「家のプロフェッショナルとして安全性、快適性、デザイン性に優れた住宅を今後も研究し提案していく。これから家を建てる方々が、あらゆる面で妥協せず、満足できる住宅を提供し続けることが設立時からの思い。今後状況が変化する中でも、その思いを大切にする会社であり続けたい」と抱負を語った。
 同社は2014(平成26)年設立。資本金は500万円。住宅の設計から施工、管理まで一貫して手掛けており、従業員数は5人。2016年5月期の売上高は1億2千万円で、今期は3億円を見込んでいる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年10月28日発行 No.425

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから