トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

APタウン熊本北内に9月16日オープン・・・・ミスターマックス

 潟~スターマックス(福岡市東区松田1丁目、平野能章社長)は9月16日、熊本市北区津浦町に建設中の複合商業施設「APタウン熊本北」内に新店舗をオープンした。
 店舗名は「ミスターマックス熊本北店」。同商業施設はNTT西日本グループの鰍mTT西日本アセット・プランニング九州支店が建設を進めており、ミスターマックスは敷地北側に建設し、鉄骨造り平屋建てで、店舗面積は4934u。加工食品や飲料、家電製品などの商品を取り扱う。初年度の目標年商は22億円。従業員数は77人。
 同社は「震災で生活用品の需要が高まっている状況なので、同店舗がお客様の暮らしの支えになればうれしい」と話している。
同社は1925年(大正14年)10月創業、1950年12月設立。資本金は102億円。2016年3月期の営業収益は1184億円。ミスターマックスの店舗数は59店舗で、熊本北店は県内で5番目の出店。
 ミスターマックスの他に食品スーパーマーケット「マックスバリュ」、リサイクルショップ「オフハウス」の3店舗が出店する。敷地中央にはオフハウスを建設中で、鉄骨造り平屋建て、店舗面積は1220u。敷地南側には1階にマックスバリュ、2階にテニススクールを建設中で、鉄骨造り2階建て、延べ床面積は1748u。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年9月29日発行 No.424

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから