トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

7月末時点の震災関係保証承諾額は666億円・・・・熊本県信用保証協会

 熊本県信用保証協会(熊本市中央区南熊本4丁目、真崎伸一会長)が取り扱う震災関連保証の7月末時点(4月14日〜)での利用状況は、保証承諾額が約666億円、保証承諾件数は4384件だった。
 震災関連保証とはセーフティネット4号、震災支援短期資金、災害保証、熊本市特別融資など、今回の熊本地震で直接・間接被害を受けた企業を対象とする保証制度。7月末の震災関連の保証承諾件数は4384件で保証承諾額は666億5500万円、元金据置などの条件変更は1813件で164億7100万円だった。最も利用が多かったのが震災による間接被害を受けた企業を対象とするセーフティネット4号保証の2763件、518億800万円で震災関係保証全体の77・7%を占めた。次いで多かったのが半年間を上限に月商1カ月分を借り入れる震災支援短期資金の603件、56億4千万円で同8・5%だった。資金使途では運転資金が全体の91・7%を占めている。
 また、4月1日から7月末までの全体の保証実績は5991件、832億9千万円で、前年同期比で288・7%、このうち震災関係保証は全体の80・0%を占めた。
 同協会では「震災関連の保証は依然として増加傾向にある。その中でも間接被害を受けた中小企業・小規模事業者も対象となるセーフティネット4号が中心となっている。資金使途では運転資金がほとんど。見積もりを取るにも時間を要する状況で、設備資金の割合は低いが、これから本格的な復旧作業が進むにつれ割合が大きくなってくるのではないかとみている」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年9月29日発行 No.424

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから