トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ワイン品評会でプラチナ賞やゴールド賞を受賞・・・・熊本ワイン

 熊本市北区和泉町のフードパル熊本内にある熊本ワイン梶i玉利博之社長)は7月10日、11日に開催された「日本で飲もう最高のワイン2016」の品評会で、同社のワインが最高賞となるプラチナ賞やゴールド賞などを受賞した。
 同品評会は年に一度開催、国産ワインや輸入ワインあるいはブドウの品種ごとの評価ではなく、日本を含めフランス、アメリカ、イタリア、チリなど日本国内で手に入る世界各国の全てのワインの中から一番おいしいワインを選ぶというもの。主催は「日本で飲もう最高のワイン2016」運営事務局(東京都文京区関口2丁目、藤田観光鞄焉j、審査員長は柳田藤寿山梨大学ワイン科学研究センター教授・農学博士。審査は白ワイン( 辛口、中辛口、甘口)と赤ワイン(ライト、ミディアム、フル)のそれぞれの分野で、専門家と愛好家部門で賞を設けた。結果、熊本ワインの商品「肥後白椿デラウェア」が白(辛口)の愛好家部門で最高となるプラチナ賞を受賞したほか専門家部門ではゴールド賞、さらにゴールドメダル以上を受賞した小売価格1500円以下のワインのコストパフォーマンス賞を受賞した。その他の同社の商品では白(甘口)の「肥後白菖蒲ナイアガラ」が専門家部門、愛好家部門でゴールド賞とコストパフォーマンス賞を、赤(ライト)の「肥後赤椿マスカットベリーA」が専門家部門でゴールド賞を、同じく赤(ライト)の「肥後赤菖蒲キャンベルアーリー」が専門家部門、愛好家部門でプラチナ賞を受賞した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年9月29日発行 No.424

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから