トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ニューオータニ熊本運営会社の筆頭株主に・・・・東京都のMTMホテル

 投資会社のマイルストーンターンアラウンドマネジメント梶i以下MTM、東京都、早P恵三社長)は8月10日、ホテルニューオータニ熊本を運営する熊本駅前ビル梶i熊本市西区春日1丁目、添嶋安治社長)の普通株式の約8割を取得し、筆頭株主になった。
 MTMは100%出資の子会社を通じて、潟hーガン(福岡市中央区、森大介社長)が運営する九州事業継続ブリッジ投資事業有限責任組合から全株式を取得した。MTMは兵庫県姫路市の百貨店や神奈川県箱根町の温泉旅館の事業再生に携わった実績があり、株式取得を機にホテルのブランドイメージの向上や客室やロビーの改装など設備投資を進める計画。8月24日に開く臨時株主総会で取締役のうちドーガンの2人は退任し、MTMから3人が新たに就任する予定。添嶋社長は留任する。
 MTMは「熊本市は九州の政治、経済の中核都市として、九州全域の発展のエンジンとなる一大拠点と考えている。地場産業と交流を図り、食の分野を強化したい。これまで以上に地域性を表現し、特徴あるホテル運営を目指す」と話している。
 熊本駅前ビルは1986年3月設立、資本金は1億円。92年の開業当初からホテルニューオータニ熊本(客室数124室、宴会場7室)を運営している。従業員数はパート含めて160人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年9月29日発行 No.424

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから