トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

小林寛子東海大観光ビジネス学科教授の講演会・・・・地方総研

 肥後銀行系シンクタンクの(公財)地方経済総合研究所(甲斐隆博理事長)は、小林寛子・東海大学経営学部観光ビジネス学科教授を講師に「震災経験が地域を変える!熊本地震が教えてくれたこと」と題する講演会を、9月23日15時30分からくまもと森都心プラザ2階(肥後銀行熊本駅前支店セミナールーム)で開く。
 熊本地震で「熊本城」と「阿蘇」という熊本県を代表する観光資源が大規模被災、今後、県経済に与えるダメージが懸念される。小林教授は、オーストラリアで体験した地域資源を活用しながら保全する「エコツーリズム」の手法を基に、地域が連携することで足下に埋もれている地域資源を観光資源化できる可能性やその方法論、これからの熊本県の戦略産業として成長が期待される観光関連産業に求められる地域連携や産業連携の取り組みなどについて講演する。聴講無料。
 小林教授は1979(昭和54)年昭和女子大学文学部卒、文化放送(アナウンス部)入社。87年国際レジャー博覧会ブリスベン現地事務所長就任、2000年日本エコツーリズム協会理事、13年東海大学経営学部観光ビジネス学科教授就任。

_くまもと経済 業界NAVI_:2016年8月30日発行 No.423

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから