トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

被災農業者対象に緊急資金取り扱いを開始・・・・肥後銀行

 肥後銀行(甲斐隆博頭取)は、熊本地震で被災した農業経営者を対象に「平成28年熊本地震被害対策緊急資金」の取り扱いを7月13日から開始した。
 被災農業者の営農維持・継続に必要な資金ニーズに応える。対象は個人、法人事業者で、@農業所得が総所得の50%超。または農業収入が200万円以上(法人は1千万円以上)、A熊本地震被害品目の減収量(収穫高の減少)が、平年収量の30%以上である市町村長の証明を受けている、B地震被害による農業収入の減少率が、平年農業収入の10%以上となることが見込まれる市町村長の証明を受けていること。使途は運転資金で融資限度額1千万円。使途が減収補てん費の場合は、原則減収補てん分が上限。融資期間は1年超から10年以内(うち据置期間3年)。利率は同行所定金利。必要に応じて担保・保証人を依頼する。別途、県農業信用基金協会所定の保証料が必要となる。

REVICと特定専門家派遣契約を締結

 同行は6月28日、樺n域経済活性化支援機構(REVIC、本社・東京都、今井信義社長)と特定専門家派遣の契約を結んだ。熊本地震被災企業に対する復旧・復興支援策の一環。
 REVICは専門的ノウハウを持った人材を派遣し、同行が行う被災企業の事業性評価や、被災企業の課題解決に向けた助言を行う。REVICは株式会社地域経済活性化支援機構法に基づき設立された中堅・中小企業などの事業再生を支援する官民ファンド。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年8月30日発行 No.423

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから