トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

精神病棟など7棟を集約し新棟2棟を建設…菊池病院

 独立行政法人国立病院機構 菊池病院(合志市福原、木村武実院長)は、精神病棟3棟、重心病棟2棟、作業療法棟、療育訓練棟を解体し、新たに各棟を集約した新棟2棟の建設を計画している。
 来春をめどに一般競争入札を公告し、工事発注の手続きを開始する。現在の病棟、作業療法棟、療育訓練棟が老朽化しているため建て替えるもの。各棟の機能を集約化して業務効率化を図るとともに、医療環境を一新し、菊池市、合志市、大津町、菊陽町において精神科医療の中心的役割を担う。計画では工期を2期に分け、1期工事で本館棟北東側の同病院敷地内に精神病棟と作業療法棟を集約した鉄骨造り3階建て、延べ床面積4100uの新棟を建設。1、2階が120床の病棟、3階が生活訓練や社会復帰支援などを行う作業療法棟。2期工事では本館棟北側に重心病棟と療育訓練棟を集約した鉄骨造り3階建て、延べ床面積3500uの新棟を建設1、2階が100床の病棟、3階は自立支援などを行う療育訓練棟を備える。計画完了時期は2019年春頃を見込んでいる。
 同病院は1941(昭和16)年に航空教育隊菊池陸軍病院として創設。2004年独立行政法人国立病院機構 菊池病院に組織を変更。現在、精神科、神経科、精神リハビリテーション科を中心に7つの診療科があり、病床数は247。国立病院機構の一つとして「精神および重症心身障害」の
専門医療施設に認定されている。職員数は約250人。 
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年5月31日発行 No.420

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから