トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ホテル竜宮本館の9部屋を和洋室に改装…竜宮

 ホテル竜宮を運営する距ウ宮(上天草市松島町、松本勝彦社長)は2月、本館の3〜5階にある和室9部屋を和洋室にリニューアルした。投資額は約6千万円。
 場所は天草4号橋際。1部屋の広さは42uで、和室とツインベッドルームの洋室のほか、シャワーブース、トイレ、洗面を設けた。以前は和室を4人で利用する宿泊客が多かったが、最近は2人で宿泊する利用者が増え、ベッドタイプの希望が多いことから改装したもの。また、6階に露天・展望風呂があり、リニューアルした客室の浴室はシャワーブースのみに変更した
ことで部屋を拡張した。宿泊料金は2人1室利用の場合で、1泊2食付き1人1万6200円(週末は2千円増)。定員は4人。熊本地震による施設の大きな被害はなく、通常営業を続けている。
 同社は1985(昭和60)年3月設立。資本金は1千万円。従業員は110人。同地に本館、さらさ館、デザイナーズスイート「天使の梯子」、隣接地に貸し切り露天風呂「やすらぎの湯海ほたる」があり、ホテル
南西側で宿泊施設「天草 天空の船」を運営している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年5月31日発行 No.420

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから