トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

城山上代給油所をリニューアルしセルフ化・・・南国殖産熊本支店

  石油製品類、建設資材関係などの販売会社・南国殖産褐F本支店(熊本市東区御領8丁目、早川茂穂支店長)は3月24日、同市西区城山上代2丁目の「城山上代給油所」をリニューアルオープンした。
 同給油所はこれまでスタッフによるフルサービス店として運営していたが、施設の老朽化などに伴い、オールセルフの給油所として地下貯蔵タンクも含め大幅にリニューアルした。場所は県道熊本高森線沿い、カネイチ青果物流北西側、九州産交整備近く。敷地面積は約1551u(約470坪)。敷地内には同時給油機8台、洗車機1台、ふき上げコーナー5台分、ピットコーナーなどを設けている。24時間営業で年中無休。スタッフは社員3人とアルバイトが3人から4人で構成し、常時3人から4人が待機。月間の販売数量目標は300㎘。熊本県内を管轄する同支店内にはSS(給油所)を担当するリテール課、産業エネルギー課、ガス新エネルギー課、建材課、総務・経理の担当課などがあり、支店の従業員数は約200人。直営のSSは22店舗で、県内では業界で最多という。
  今回のリニューアルに関して早川支店長は、「店舗を利用される顧客には年配の方々も多いので、セルフ店だがフルサービスの色も残しつつ顧客の固定化を図り、地域ナンバーワンを目指していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年5月31日発行 No.420

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから