トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

関東、関西の仲卸会社へ青果物出荷・・・見商店

 青果卸の棋見商店(熊本市西区城山上代町、見智喜社長)は4月18日、関東および関西の仲卸会社へ青果物の出荷を始めた。熊本地震の影響を受け、新たな販売先として出荷しているもの。週に2回、県産の玉ねぎやトマト、ミニトマト、きゅうり、すいか、メロンを10トントラックチャーター便で出荷している。
 見社長は「震災復興企画として、県産品を広く知ってもらう機会になればと思う」と話している。
 同社は1948(昭和23)年創業、50年に法人化。社員数は15人。2013年10月に同市西区春日7丁目から現在地へ本社事務所を新築移転した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年5月31日発行 No.420

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから