トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

益城町に工場が完成、本社を移転へ
 木原食肉生業

食肉卸の竃リ原食肉生業(木原孝之社長)が、益城町福富に建設していた本社工場が完成、4月から本格稼働した。総事業費は土地と建物含め約11億円。
益城町の誘致企業として建設し、完成に合わせ、熊本市中央区本荘2丁目の本社も同町へ移転した。建設地は県道熊本益城大津線沿い、グランメッセ熊本の道向かい。7920uの敷地に鉄骨2階建て、延べ床面積2638uの建屋を建設。高速インターに近い交通アクセスを生かし、業務の効率化を図る。同地には食肉のカットラインや冷凍冷蔵庫、本社事務所ほか、トラックターミナルや約80台分の駐車スペースを設けた。
同社は1994年創業、99年設立。九州一円の食肉卸・小売会社やスーパーなどを主な販売先に持つほか、関東や関西にも販路を拡大している。社員数38人。来年2月には食品安全マネジメントシステムの国際規格である「ISO22000」の取得を目指しており、同社は「新工場はISO対応で食の安全性に配慮した最新鋭の工場。ISOの取得を機に大手との取引拡大や西日本エリアにおける販路開拓、将来的な輸出なども視野に入れていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年4月28日発行 No.419

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから