トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

3億円かけ新屋敷2丁目に8階建て賃貸マンション
 ギャラクシーエクスプレス

弁護士法人清水谷法律会計事務所(熊本市中央区新屋敷2丁目、清水谷洋樹代表)の関連会社潟Mャラクシーエクスプレス(同、同社長)は、同2丁目に8階建て賃貸マンションを建設している。3月15日に完成予定で、清水谷法律会計事務所は2階に移転する。
場所は通称明午橋通り沿いで、同新屋敷中通りとの交差点北側。名称は「新屋敷ピアッツァビル」。敷地面積は353u。鉄筋コンクリート造り8階建て、延べ床面積1048u。1階はポーチ、2階が事務所で、事務所スペースは移転前の1・2倍の147u。事務スペースのほか、打ち合わせ室が3部屋あり、3月28日に移転予定。3階から8階は賃貸マンションで、総戸数は12戸。66uの3LDKが6戸、70uの3SLDKが6戸。料金は月11万円から13万円。駐車場は1階に5台収容。投資額は土地の取得費を含め約3億円。清水谷代表は「ビル名のピアッツァは広場という意味。お客さまや入居者の広場として集える場所になればと考えている。事務所も移転によってワンフロアに集約され機能性が向上する。静脈認証や防犯カメラなどセキュリティー面でも万全の態勢が整う」と話している。
同事務所は09年8月開設し、弁護士法人清水谷法律会計事務所と税理士法人中央総合会計事務所熊本事務所が一体の事務所として業務を行っている。清水谷弁護士・税理士、中込有美子税理士、高野大樹弁護士のほか、事務職員は5人。関連法人に税理士法人中央総合会計事務所(長崎市桜町)がある。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年3月2日発行 No.417

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから