トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

スマートフォンを活用したスタンプカードシステムを開発
 フォルクスウェア

ウエブシステム開発やスマートフォンアプリ制作の潟tォルクスウェア(熊本市中央区安政町、黒田拓士社長)は、スマートフォンを活用したスタンプカードシステムを開発し、12月8日から提供を開始した。
名称は「みせスタンプ」。同社は、店舗ごとにオリジナルのアプリを制作し運用できる「みせプリ」を開発・販売しており、新たに開発した「みせスタンプ」では紙やカードでの来店スタンプカードシステムをスマートフォン上で行うことができる。スマートフォンの画面に専用の端末をスタンプする動作によって、実際にポイントが貯まる仕組み。同種サービスにおける電子スタンプシステムは国内初の導入で、1月から「みせプリ」を利用している各店舗で順次運用を始める。「みせプリ」の利用料金は1店舗月額1万円からで、「みせスタンプ」は1端末1万9800円。
黒田社長は「見た目にインパクトがあり、お客さまとのコミュニケーションツールとして役に立つシステム。電子スタンプ機能と一緒に、熊本の多くの企業・店舗で導入を進めたい」と話している。
同社は2011年設立。資本金は600万円。スタッフ数は5人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年3月2日発行 No.417

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから