トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

デザイン企画が国連ハビタットのカレンダーに採用
 田商会

印刷・商品販売の(資)田商会(熊本市中央区本山4丁目、田隆平代表社員)は11月18日、同社のデザイン企画が採用された国連ハビタット福岡本部(福岡市中央区天神)が開催する「第15回世界ハビタット・デー記念絵画コンクール」のカレンダーを納品した。
国連ハビタットは、国連の中で居住環境や街づくりに取り組む組織で日本では福岡市のアクロス福岡に本部を置き、アジア太平洋地域を担当。「世界ハビタット・デー記念絵画コンクール」は2000年から同本部が開催しているイベントで、アジア太平洋地域の小学校4〜6年生を対象に「街づくり」に関するテーマのもと絵画を募集し、金、銀、銅賞などの受賞作を作品集として翌年のカレンダーを制作。そのカレンダーのデザイン企画をコンペ形式で採択している。同社はカレンダーの特徴として、アフリカのザンビア国で栽培しているバナナの茎の繊維を使用し、日本の和紙の技術で紙を作る「ワンプラネット・ペーパー」(通称バナナペーパー)を表紙に使用することを提案。森林伐採を行わない紙づくりやザンビアでの雇用創出、 同国の資源と日本の製品生産能力のコラボレーション、地球環境問題、地球貧困問題の解決に貢献している点が高く評価された。
カレンダーは3300部印刷され、作品を応募した子どもたちに参加賞として同本部がプレゼントしたほか、同本部の支援団体「福岡ハビタット研究会」が実施しているカレンダー募金 「いのちの水プロジェクト」の募金者へのお礼として送付される。募金などの問い合わせは田商会まで。
同社は1953(昭和28)年に文具・紙販売、印刷業として創業。資本金は1千万円。社員数は9人。現在は印刷、企画、オリジナル商品開発などの事業を展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年1月30日発行 No.416

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから