トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ものづくり日本大賞経済産業大臣賞を受賞
 ソニーセミコンダクタ

ソニーセミコンダクタ梶i菊陽町原水、上田康弘社長)は、経済産業省が主催する第6回ものづくり日本大賞で、経済産業大臣賞を受賞した。
受賞したのは「積層型CMOS(シーモス)イメージセンサー」の開発と量産化で、前回の第5回ものづくり日本大賞で内閣総理大臣賞を受賞した「裏面照射型CMOSイメージセンサー」の改良型。イメージセンサーとは、カメラなどに使われる半導体デバイスで、レンズを通して機体に入った光を電気信号に変換する役割を果たす。これまで、同一チップ上に画素部分と回路部分を搭載していたが、支持基盤だった部分に回路部分を搭載し二重構造(積層型)にすることで多くの回路を搭載でき、演算能力が40万から300万に上昇した。これにより高画質化、高機能化、小型化が可能になったという。
同社は「スマートフォンやデジタルカメラの普及を背景に、量産化に成功したことで経済効果の高さを評価された。CMOSイメージセンサーは今後も『人の目を超えろ』を目標に改良を進め、車の自動ブレーキシステムなどにも役立てたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年1月30日発行 No.416

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから