トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

熊本県内の2社を完全子会社化
 大阪府の日本PCサービス

 パソコン総合サービス業の日本PCサービス梶i大阪府吹田市、家喜信行社長)は8月17日に開いた取締役会で距L明電子サービス(熊本市東区神園2丁目、中嶋利幸社長)と関連会社のテクニカル九州梶i同)の発行済み全株式を取得し、完全子会社化することを決めた。
 日本PCサービスはパソコンやタブレット端末、デジタル家電などのネットワーク対応機器に関する設定設置やトラブルにおいて、訪問および電話で対応し、解決するサポート事業を展開しており、事業拡大の一環として、熊本県を中心に家電の持ち込み修理・訪問修理事業を展開している2社を完全子会社化した。2社は連結子会社とし、中嶋社長は会長職に就任予定。当面は社名もそのまま、合計約30人の2社の従業員は継続して雇用し、人員の増強は随時行っていくという。
 同社では「両社が持つ家電修理のスキルやノウハウを取り込むことで、取り扱い対象機器の範囲拡大を狙う。また今回の子会社化によりネットワーク対応機器を含めた家電全般の修理事業の全国展開を強化し、業容拡大を図る」と話している。
 日本PCサービスは2001年9月設立。資本金は1億8880万円。従業員数は約170人。有明電子サービスは1984(昭和59)年1月設立。資本金は800万円。主な事業内容は電気製品の修理や太陽光発電機販売および取り付け工事。テクニカル九州は1991年3月設立。資本金は1千万円。主な事業内容は集積回路、半導体製造装置の組み立て、検査。
_くまもと経済 業界NAVI_:2015年9月30日発行 No.412

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから