トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

熊本、九州の食材を使用した朝食ビュッフェを開始
 ANAクラウンプラザホテル熊本

 ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ(熊本市中央区東阿弥陀寺町、古賀哲馬総支配人)は6月1日、熊本と九州の食材を使用した約80品目の朝食ビュッフェを開始した。
 県外や海外からの同ホテル利用者に熊本の魅力を発信する取り組みとして朝食の内容充実と質の向上を図ったもの。食材は熊本県産のしょうゆ、みそ、米、古代米、牛乳をはじめ、阿蘇の農家から仕入れた野菜を使用したサラダや、天草産のブリで作ったブリ大根、八代産のブロッコリーの酢味噌和えなどのほか、辛子蓮根やだご汁といった郷土料理も提供する。季節や仕入れの状況に応じた旬の食材を使用し、メニューを変更する。
 場所は同ホテル1階レストラン「サンシエロ」。時間は午前6時〜同10時まで。料金はサービス料込・税別で、大人が2200円、6〜12歳が1100円、4〜5歳が550円、3歳以下が無料。
 同ホテルは「九州福岡産の新鮮な卵を利用者の目の前で調理する卵料理が目玉。朝食を召し上がったお客さまに、熊本へ来て良かったと喜んでいただけるよう、さらに力を入れていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2015年7月31日発行 No.410

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから