トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

自社車両に熊本ヴォルターズをボディープリント
城東運輸倉庫

 城東運輸倉庫梶i大津町森、下川公一郎社長)は2月19日、自社車両にプロバスケットボールチーム「熊本ヴォルターズ」のボディープリントを施した。
 同社は熊本ヴォルターズのスポンサーで、輸送用の車両にボディープリントを施すことで、チームのPRにつなげる目的。ボディープリントした車両は総重量25トンの一般貨物用の大型トラック。キャプテンの小林慎太郎選手ら所属選手4人のプレー姿や応援メッセージをオートボディープリンターで施した。
 下川社長は「このトラックが県内や全国を駆け巡り、チームのPRにつながれば。スポーツを通じて、地域を盛り上げたい」と話している。
 同社は1964年2月創業、1971年3月設立。資本金は1千万円。従業員数は約40人。IC関係精密機器輸送、青果物・飼料・肥料・米など一般貨物輸送のほか、常温および低温倉庫業を行っている。関連会社に自動車整備業の城東物流システム鰍ェある。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年3月31日発行 No.418

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから