トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

3月期決算は売上高59億2300万円で増収増益
 熊本県民テレビ スポット広告収入が好調

褐F本県民テレビ(熊本市中央区世安町、片岡朋章社長)の2015年3月期決算は、売上高が前年比8・2%増の59億2300万円、経常利益が同143・7%増の5億7500万円、純利益が同59・5%増の3億2700万円で増収増益となった。増益は4年連続。配当は1500円据置。
増収増益の要因としては、年度視聴率三冠達成など好調な視聴率を背景に、スポット広告収入が8・8%増と好調だったことに加え、イベント事業収益も伸びた。16年3月期も増収増益を見込んでいる。

読売新聞の丸山氏が取締役報道局長に

また、役員人事では、非常勤取締役の丸山淳一読売新聞東京本社メディア局総務が取締役報道局長(常勤)に就任。森克二常務と松本正樹取締役相談役が退任し、森氏は読売新聞大阪本社へ復帰、松本氏は非常勤相談役に就任する予定。さらに、非常勤取締役には伊藤文雄氏、秋元俊郎氏、津田浩二氏が、監査役には上野豊コ氏、幸田亮一氏が新しく就く予定。谷脇源資氏、郡祐一氏、矢加部和幸氏、監査役の與縄董氏、森正臣氏は退任する。いずれも6月23日の株主総会・取締役会で正式決定する。執行役員には新たに大久保郁子編成局長が昇格した。役員は次の通り。
▼代表取締役社長 片岡朋章▼専務取締役 井上誠一郎▼常務取締役 佐竹裕比古▼取締役 斎藤裕二、荻原武博、丸山淳一、大久保好男(非常勤)、福田邦子(同)、伊藤文雄(同)、秋元俊郎(同)、津田浩二(同)▼監査役 西純一、上野豊コ(非常勤)、幸田亮一(同)(安田)
週刊経済:2015年6月6日発行 No.1826

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから