トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

売上高は50億7300万円で過去最高に
 熊本朝日放送 25周年記念イベントなどが好調

熊本朝日放送梶i熊本市西区二本木1丁目、磯松浩滋社長)の2015年3月期決算は、売上高が前期比2・3%増の50億7300万円、経常利益が同15・1%減の3億800万円、当期純利益は同22・2%減の1億5200万円で増収減益だった。
増収は4期連続で売上高は過去最高。開局25周年記念で制作した特別番組やコンサート、展覧会などのイベントが好調に推移した。一方、経常利益は番組制作やイベント、宣伝広告などに費用がかかったことで減少した。16年3月期の売上高は昨年同様の50億4千万円を見込んでいる。

取締役に坂口総務局長、岩下朝日新聞経営企画室長付
 また、役員人事では、取締役に坂口正純役員待遇総務・放送番組審議会担当総務局長、岩下範之朝日新聞経営企画室長付が就任。非常勤取締役に井上稔彦熊本日日新聞社嘱託編集委員兼論説委員兼NIE・新聞活用センター専門委員が就く。6月22日に開く株主総会および役員会で正式に決定する。
  坂口正純(さかぐち・まさずみ)氏は1955(昭和30)年5月14日生まれ、60歳。熊本市出身。福岡大学商学部卒。80年肥後相互銀行(現熊本銀行)入行、2010年4月熊本朝日放送入社。総務部長、総務局長などを経て、13年6月から現職。
  岩下範之(いわした・のりゆき)氏は1958(昭和33)年10月25日生まれ、56歳。長野県出身。法政大学文学部卒。82年朝日新聞社入社、宮崎総局長、西部本社編集局局長補佐、山口総局長、デジタルビジネス担当補佐、出版事業担当付樺ゥ日新聞出版コンプライアンス担当などを経て、15年から現職。(米村)
週刊経済:2015年6月6日発行 No.1826

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから