トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

会員交流とボランティア活動を行う業者会設立
 明和グループ 約130超の法人などが参加

明和不動産を中核とする明和グループ(熊本市中央区辛島町、川口雄一郎会長)は4月20日、同区上通町のホテル日航熊本で業者会の「和の会(WA CLUB=通称WAC)」を立ち上げ、設立総会・大名刺交換会を開催した。
同会は明和グループ本社内に置き、運営を行う事務局は明和不動産に業務を委託する。活動目的は@会員企業の交流機会を提供し、会員企業の経営の発展に資する活動を行うA会員企業から徴収する会費の一部をもって、一般社団法人フォレストック協会を通じ、CO2吸収量クレジットの購入による森林保護を行う。保護対象は小国町森林組合が管理運営する森林および今後、提携調印する森林などとしている。会費は年間2万4000円。約130を超える法人、団体、個人が設立時に加入したが、今後、約200社程度まで拡大する方針。
今後の年間活動計画では5月にチャリティーゴルフコンペ、7月にJPMC日本管理センターの武藤社長経営セミナー、10月に船井総研新規ビジネスセミナー、1月は確定申告時期に合わせた税務対策セミナーなどの開催を予定している。
設立発起人の川口会長は「会員企業は対等な立場が基本で、相互でお付き合いができ、ためになる会、加えて第三者に目を向けたボランティア活動ができないかと考え、昨年から準備してきた。同様の形式で熊本から全国に活動を広げていきたい」と抱負を述べた。同会の役員は次の通り。
▼会長 田中裕司弁護士法人田中ひろし法律事務所代表弁護士▼副会長 西川尚希潟Lューネット社長、古荘貴敏褐テ荘本店専務、千葉康博千葉総合法律事務所所長、和田英太郎鰍aIGFACE社長▼顧問 川口雄一郎明和グループ会長(園田)
週刊経済:2015年5月19日発行 No.1824

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから