トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

水前寺のビジネスホテルを全面リニューアル
 松屋本館 総工費は2億7千万円

 旅館・ホテル運営の居シ屋本館(熊本市中央区水前寺公園、西上佳孝社長)は、同区水前寺5丁目のビジネスホテル「アネッソマツヤ」を全面リニューアルし、4月18日にオープンした。総工費は2億7千万円。
 建物は鉄骨造り7階建てで、延べ床面積2764u。「旅館のようなホテル」をコンセプトに、ターゲット層の拡大に合わせて全館リノベーションし、名称を「松屋別館」に変更した。これまでの顧客であったビジネスマンや学生、団体に加え、家族連れなどファミリー層の取り込みを目指す。部屋数は62室から10室減らし52室とし、収容人数は120人から152人に拡大した。
 1階にはフロント・ロビー、事務所、居酒屋「肥後ダイニング そろ」を設置。居酒屋は、これまでのメニューに加え、馬焼きの提供を始めたほか、バータイムも設けた。席数は掘りごたつ44席、馬焼き専用個室27席、カウンター8席の合計79席。営業時間はランチタイムが午前11時から午後2時半、ディナータイムが午後5時半から同11時まで。バータイムが午後11時から午前0時まで。2階には大浴場と宴会場の芍薬(しゃくやく)の間(洋室125u、最大72人収容)、朝顔・椿の間(和室51u、最大30人収容)を置いた。宴会場はそれぞれ間仕切りの変更が可能で、会議や宴会などの用途に対応する。3階から6階の客室は「JAPANSTYLE」をテーマに、15uのシングルルーム・スタジオツインルームや、30uのカジュアルルーム・ユニバーサルツインルーム(最大4人)、37uのスタイリッシュルーム(最大5人)を設置した。設計は大森創太郎建築事務所(熊本市中央区本荘6丁目、大森創太郎代表)、建築・施工管理は蒲D渾(同市東区御領3丁目)と漁B建プランニング(菊池郡菊陽町)で、LED照明を取り入れるなど省エネ化を図った。
 西上真理子女将は「熊本市内の旅館が減っていく中、地元旅館として人と人との結びつきをさらに大切にし、県外の観光客はもちろん、地元のお客さまにも気軽に集える場所としてお越しいただきたい。機能、人、食にこだわり、やすらぎの空間を演出し、スタッフ一同おもてなしの心で、心地よい居場所を提供していく」と話している。
 同社は1954(昭和29)年10月創業。同ホテルのほか、同区水前寺公園の「松屋本館」を運営している。(藺牟田)
週刊経済:2015年4月28日発行 No.1822

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから