トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

10月1日に腫瘍精神科を新設・・・・鶴田病院

 医療法人社団鶴友会・鶴田病院(熊本市東区保田窪本町、鶴田克家理事長)は昨年10月1日に腫瘍精神科を新設し、腫瘍精神科部長に窪文彦医師が就任した。
 腫瘍精神科はがん患者やその家族が抱える心の問題に対するケアを行う診療科目。外来診療は平日の完全予約制。同院の緩和ケア病棟をはじめ入院患者の精神面のサポートも他職種と連携して行う。
 窪文彦(くぼ・ふみひこ)腫瘍精神科部長は熊本県出身、1969(昭和44)年8月23日生まれ、47歳。久留米大学医学部卒業後、熊本大学医学部付属病院神経精神科入局。同病院、沖縄県立宮古病院、国立熊本病院、ドイツのタンネンホフ病院、桜が丘病院、森病院、国立がん研究センターで勤務。専門は精神科一般。精神保健指定医、日本医師会認定産業医で、日本サイコオンコロジー学会、日本総合病院精神医学会、日本うつ病学会に所属している。
 窪腫瘍精神科部長は「がん患者さんとそのご家族の方々に心のケアを提供しながら、自分らしくがんと取り組むお手伝いをしていきたい」と話している。
 同病院の診療科目は内科、消化器内科、内視鏡内科、循環器内科、神経内科、呼吸器内科、外科、消化器外科、内視鏡外科、整形外科、リハビリテーション科、泌尿器科、泌尿器科(人工透析)、緩和ケア内科、麻酔科(上妻精二医師)、放射線科、腫瘍精神科で、病床数は一般病棟50床(うち地域包括ケア病床17床)、回復期リハビリテーション病棟35床、緩和病棟20床の総病床数105床。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年3月1日発行 No.429

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから