トップ くまもと経済最新号

くまもと経済最新号Latest Issue

2014年3月 Vol.393表紙
2014年3月 Vol.393
表紙の人
「九州新幹線は両市交流の“起爆剤”」
幸山政史 ・ 古川隆三郎
(熊本市長 ・ 島原市長)

特集

都市圏 BIG PROJECT

熊本市“百年の計”へ正念場 <熊本桜町・花畑再開発>

桜町再開発、注目される“県民百貨店再入店”の行方
花畑再開発では雇用促進事業会が“単独文化施設構想”

 熊本市の中心市街地では2018(平成30)年頃まで、市街地再開発やインフラ整備などの大規模事業が続く。その中でも熊本市の顔づくり、百年の計とも表現されるのが「桜町・花畑再開発事業」。熊本都市圏最大の集客装置である熊本城の直下に位置し、歩行者空間化されるシンボルプロムナードと一体となった都市空間には、熊本市か300億円を投じるMICE施設も計画され、海外も視野に入れた交流人口拡大の拠点、回遊促進拠点づくりと同時に、市民の憩いのスペースづくりも進む。ただ、現場に目を落とすと順風満帆とはいえない状況も見えてくる。「熊本市・百年の計」の現状を取材した。

「駅ビル計画」、周辺開発を加速 <熊本駅周辺開発>

地元経済界は歓迎も“協調”求める

 JR九州(福岡市)は昨年12月、熊本駅0番線ホーム跡地(西区春日3丁目)に大規模な駅ビル建設を表明した。敷地面積は約3万u、同社の唐池恒二社長は、主に「商業」「住居」「エンターテイメント」を柱に開発したい考えで、今年中に構想を練り、ビルの方向性を固める方針。規模は鹿児島や、大分市に建設中の駅ビルを上回る規模をイメージしており、在来線の高架化が終わる18年度をメドに着工、20年に開業したい意向を持つ。地元経済界では歓迎の一方でまちづくりに大きな影響を与えるとみて、身元との協調を求めている。“ビッグプロジェクト”だけに周辺の開発が加速することも予想され、地元の期待も大きいようだ。在来線高架化など駅周辺の現状を取材した。

駅ビル効果、生かすカギは回遊性 <大分駅周辺開発>

トキハは大改装、駅ビルとの相乗効果狙う

 高架化を終えたJR大分駅(大分市要町)に隣接し、JR九州が来年春の開業に向け21階建てのタワー含む大規模な駅ビルを建設している。投資額は約200億円。1日約3万人、年間約190億円の売上高を見込む巨大集客装置で、地元中心商店街の商業者らは脅威に感じる一方、駅から徒歩数分の距離を生かし、その効果を取り込もうと開業を前向きに受け止めているようだ。カギは回遊性をいかに高めるか。地場百貨店のトキハは20億円を投資、改装で駅ビルとの相乗効果を狙う。

天文館に“構想ビル案”、活性化の核に <鹿児島中央駅・天文館>

アミュプラザが増床、「東急ハンズ」出店

 鹿児島中央駅(鹿児島市中央町)の駅ビル、アミュプラザ鹿児島がオープンして10年。ことし秋にオープンする別館に、「東急ハンズ」が県内初出店し商集積をさらに高める予定だ。07年には市内南部の東開町に「イオンモール鹿児島」が進出。鹿児島の商業地図を塗り替えた。こうした状況に天文館の地権者が危機感を抱き、中心部(千日町)にホテルや商業施設を核とした再開発計画を表明、鹿児島県庁(93m)を超える高層ビル案も飛び出し、関係者は天文館の核にと意気込んでいる。

表紙の人
幸山政史 熊本市長  古川隆三郎 島原市長
九州間感染は両市交流の“起爆剤”

 くまもと経済・樺n域情報センター(熊本市中央区紺屋町、松岡泰輔会長)は1月20日、熊本市の幸山政史市長と島原市の古川隆三郎市長による特別対談を、熊本と島原間を結ぶ高速フェリー「オーシャンアロー」船上で開いた。九州新幹線全線開業から今年で丸3年を迎え、両市の交流が活発化している。「お城、城下町、食、湧水のどお互いの良さをミックスさせ両市の魅力として外に発信していきたい」(幸山政史熊本市長)、「両市は人々の生業や災害などの歴史を共有してきたフレンドリーなエリア。今後は観光ルートの整備も進める」(古川島原市長)と話す両市長に、熊本市と島原市の現状、全線開業後の横軸連携、観光客の誘致対策、両市の魅力のポイント、今後の展望などについて聞いた。

グラビア

都市圏 BIG PROJECT
■城下に集客交流施設と緑の開放空間  桜町・花畑地区再開発
■「駅ビル」民間投資誘発の契機に  熊本駅周辺開発
■「21階建てタワー」、地上部の工事が本格化  大分駅周辺開発
■「アミュ」増床へ、天文館には再開発計画  鹿児島中央駅、天文館
■頭取に竹下英専務執行役員が就任  熊本銀行
■4選へ駆け抜けるか!?  幸山政史熊本市長、フル快走
■宿泊客1000万人目指そう!
   「熊本都市圏将来ビジョン」策定、今後10年間の達成目指す
   熊本経済同友会と熊本商工会議所
■“元気企業”35社が集い展示体験フェスタ  熊本信用金庫
■旭櫻復刻11年、140人が熱い交流  旭櫻を楽しむ会
■会員48社共同でもなかを商品開発  熊本県菓子工業組合
■大阪難波に「くまモン」ファンが大集結
   「くまモンファン感謝デー&くまもと逸品縁日」 熊本県
■苓北町のクリニック、老健施設完成を祝う  弘仁会

★くまもとのお嬢さん

特別企画

<経営者のための法律相談>馬場啓弁護士

Leaders 熊本2014
     〜熊本のリーダー群像120人〜

Pick Up

本誌定期購読者一覧

インタビュー

<TOP INTERVIEW>蒲島郁夫熊本県知事
<Watch福岡>高田担史中小企業基盤整備機構理事長
<フォーカス熊本>アビストH&F/パーソナル・マネジメント
<Scope>永田佳子KDS熊本ドライビングスクール社長/赤木純児玉名地域保健医療センター院長

資料

新設会社一覧

くまもと経済は毎月30日前後に発刊。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のため の情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円