トップ フォトニュース 北口氏に説明責任や誠実な対応を要請・・・熊本市議会
フォトニュースPhoto News

北口氏に説明責任や誠実な対応を要請・・・熊本市議会

2019年2月22日(金)

 熊本市議会の朽木信哉議長は2月18日、北口和皇議員(中央区・7期)と面会し、議員辞職勧告や北口氏が組合長を務めていた市漁協協同組合に対する県の検査に誠実に対応することや一連の経緯について説明責任を果たすよう求めた。要請は14日の市議会議会運営委員会で申し合わせていたもの。
 朽木議長と北口氏は18日の本会議終了後、非公開で面会。朽木議長は北口氏に文書を手渡し、「不当要求などで3度の辞職勧告決議を受けたものの、議会の調査に対して不誠実な回答に終始している。市漁協の補助金返還要求などにも応じていない」などと指摘。議会運営員会の原口亮志委員長は「一言で言うと不誠実。一連の説明責任を果たしていない。再三にわたる県の実態調査にも応じない。県にも厳正に対処していただきたい」と語った。
 面会後に取材に応じた北口氏は「22日の一般質問に向けて一生懸命原稿を考えている。まずはそちらに集中したい。質問が終了した後、弁護士と相談して対応を決める」と述べ、次期市議選に出馬するかどうかも明言しなかった。

○3月29日に白山神社で集会?事実上の出陣式か(北口氏)
 4月7日投開票の熊本市議選への去就が注目される北口氏だが、各種報道機関の調査票や写真撮影にも応じておらず、未だ進退について明言を避けている。18日に北口氏が後援会の会員に宛てたハガキを独自取材で入手した。内容は22日の一般質問の傍聴を呼びかけるものと、一般質問終了後に自宅で市政報告会を開催するというお知らせ、さらに3月29日9時から白山神社で集会を開催すると記載。3月29日は市議選の告示日・・・。事実上の出陣式とも受け取れる内容に、政界関係者の間で「北口氏は出馬を固めたようだ」と話題になっている。(政治経済部・宮崎泰樹)

取材に応じる北口氏。進退については明言しなかった
取材に応じる朽木議長。一連の経緯について説明責任を果たすよう要請した